食べてはいけないドッグフードと【このこのごはん】との価格の違い

食べてはいけないドッグフードとは

ドッグフード(人工添加物あり)

安価なのには訳がある

ホームセンターのドッグフードって安いですよね。

10キロ入りで2~3千円で購入できるので、ざっと「このこのごはん」の1/10!

それはなぜか?

食べてはいけない原材料が豊富に入っているからなのです。

粗悪な肉類:ミール/副産物/粉

人間用に肉類を取り除いた残りの部分を細かくした材料です。

  • 〇〇ミール
  • 〇〇パウダー
  • 家畜類
  • 〇〇エキス
  • 肉類
  • 肉副産物

このような表示が原材料に含まれていたら、粗悪な原材料が使用されています。

これらは、食用にならない家畜や薬品を大量に使用された家畜の餌(飼料)なのです。

部位でいうと鶏なら

  • とさか
  • 内臓
  • 糞尿
  • 劣化した肉

こんな粗悪なものなのです。

粗悪な穀物:小麦・トウモロコシ・ビートパルプ

犬は本来、肉食のため穀物の消化が得意ではありません。

そのため主食として多く含まれたフードは消化に悪く、内臓に負担が掛かります。

そして消化が悪いため下痢を起こしやすくなります。

それをごまかすため、便を固めるビートパルプという砂糖を収穫したテンサイのカスを混ぜているのです。

身体に良い訳がありません。

このこのごはんの価格が高額になる理由

このこのごはん食材「このこのごはん」は値段がどうしてもネック!

そういう方も多いのでは?

ではどうして値段が高るなるのかというと、原材料が全く違う(高品質)のです。

主な原材料は

  • 鶏ささみ(九州産で人間が食べられる肉と同じ品質)
  • 鹿肉(北海道産で人間用の食肉と同じ品質)
  • マグロ肉(静岡産で人間が食べる食品と同じ品質)
  • 鶏レバー(九州産で人間が食べる品質と同じ)

これだけ聞いても、凄いですよね。

人間だって中々、新鮮なマグロとか、貴重な鹿肉など中々食べられません。

スーパーの安売り食材は大体が外国産です。(鶏肉ならブラジル産が安いですよね)

そんな中、ドッグフードにこのような国産の産地表示のある食材を使ったら価格が高くなって当然です。

しかし、このような身体に良いごはんを愛犬に与えようと思った時に手作りをしたらどうでしょうか?

それも1か月、いや、ワンちゃんの一生です。

とても「このこのごはん」の価格で収まるはずがありません。

そう考えると、決して「このこのごはん」が高い!

そう感じなくなるものです。

もし、粗悪なドッグフードで、肝臓病、腎躁病、内臓疾患、ガンなどを患ったらどうでしょうか?

「このこのごはん」と格安フードとの価格差ではおさまりません。

本当に愛犬のため、そして一生涯のコスパを考えたら「このこのごはん」を選択することは正しかったとなるでしょう。

このこのごはんの販売店はこちらのページで確認できます。