このこのごはんの保存方法とは

このこのごはんの保存方法

このこのごはん袋

このこのごはんを購入して、初めて愛犬に与えたら、どのように保管したら良いか分からないですよね。

特に初めてプレミアムドッグフードを購入したら、安価なドッグフードのように「強力な」防腐剤のようなものが無いので、何か特殊な方法を行う必要があるかも知れない。

そのように感じて当然です。

そこでこのページは「このこのごはん」の保管方法について解説します。

このこのごはん保存料について

このこのごはんの公式ページには、あらためて保存料を使用しているという記載はありません。

しかし、保存料に該当する原材料が使用されています。

それがビタミンEです。

ビタミンEは酸化防止の役目になる効果があるのです。

その効果は「人工的な酸化防止剤」とほぼ同じ力を持っています。

ゆえに開封後の賞味期限は1か月。

人工的な合成保存料などを使用しているフードと同じ賞味期限なのです。

 

このこのごはん保存方法

そのためプレミアムドッグフードと言えど、基本的な保存方法は全く同じです。

以下の条件のもと、保管してください。

保存方法は製品パッケージの袋をそのまま使用するという方法です。

それは、このこのごはんのパッケージは丈夫で、光や湿気を踏査内アル三製の袋なのです。

このアルミ製の袋が最も中のフードを守る力が優れているのです。

パッケージの中の空気をなるべく押し出してからチャックを閉める

パッケージを閉める際は袋の中の空気をなるべく押し出してからチャックを閉めましょう。

フードは空気に触れると酸化して傷みます。

そのためいくら空気を遮断する袋であっても、中に空気が残っていたら中の空気で酸化してしまうからです。

高温多湿と光を避けた場所で保管

このこのごはんのパッケージは非常に丈夫ですが、それでも湿気や光をなるべく避けるようにしたいです。

そのため光の当たらない湿度の低く、気温が上がらない場所へ保管しましょう。

冷蔵庫保管はおすすめできない

冷蔵庫なら湿気も光も無く、気温も上昇しないので、フードに良さそうに感じますが実は適切ではないのです。

冷蔵庫と室内は温度差が大きいので、フードを出し入れすると結露が発生します。

その水分でフードにカビが生えてしまったりすることがあるのです。

なので冷蔵庫ではなく、常温で保存することをお勧めします。

容器を移し替える時は光に注意

このこのごはんをパッケージから出して保管する場合には、なるべく空気が入らない、ピッタリサイズの容器を選ぶと良いでしょう。

そして保管場所は光の当たらない場所を選びます。

光と言っても直射日光だけでなく、部屋の照明(蛍光灯など)でも劣化が進みます。

そのため出来れば透明でない容器が望ましいです。

戸棚など光が遮断される場所へ保管するようにしましょう。